自分で簡単にできるマッサージ方法

ふくらはぎのむくみを解消するには?

むくみの原因

接客がメインの仕事で、立ち仕事が多いと脚のむくみが起こりやすいです。
立ちっぱなしでいると、血液やリンパ液の循環が悪くなり、細胞の隙間などに水分が停滞しやすくなります。

血液やリンパ液の循環には脚の筋力も関わってきます。
筋力を衰えると、循環を促す筋肉の働きが弱くなるので、血液中の水分が停滞しやすくなります。
運動不足な生活を続けると起こりやすいです。

水分と塩分の取りすぎも原因の1つです。
水分が血液中に多くなりすぎると血管外に水分がしみ出やすくなり、塩分の取りすぎは身体が水分を取り込もうとするので、水分の排出がしにくくなります。
塩分と水分の取りすぎの場合、マッサージよりも食生活の改善からむくみの解消を考えた方がよさそうです。

むくみの原因解消マッサージ

膝裏にはリンパ節が集中しています。
ここを刺激することでリンパの流れがよくなり、血行の促進が期待できます。
膝裏を両手の4本指を使い、「押して離す」を3~6回繰り返します。

ふくらはぎ全体を両手で包み、足首から上へ、両手を流すように動かします。
脛側も同じようにし、其々3~6回します。

ふくらはぎの裏側を、膝裏のマッサージと同様に両手の4本指を使い、「押して離す」を1か所あたり3~6回します。
下から上へ、マッサージする箇所をずらしながら行います。

アキレス腱の周辺をほぐします。
親指とその他の指とでアキレス腱をつまみ、痛くない程度の強さで圧迫します。
左右の脚で、其々3~6回行いましょう。

接客仕事でマッサージがしにくい人は、時々足首を回すだけでもやってみてください。